読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LEKU ONA

野鳥と女の子絵をぽつぽつ

今更 GWに紀伊半島めぐりに行ってきたの話

旅行記 漫画・レポ

今年のGWは、紀伊半島めぐりをして来ました。

f:id:background-color:20130623215753p:plain
2012年2010年 のGW記録はこちら。


■1日目は新幹線で名古屋まで行き、まず伊勢神宮

f:id:background-color:20130623215732j:plain f:id:background-color:20130623215733j:plain

数年前に 地元の知人と行った時は
夕方だったのもあり、ほぼ人が居ない 静かな空間で
また来たい!と思ったものでした。

だからこそ今回の目的地の一つとしていたのですが
予想以上に 人が多すぎでビックリ…。
知らなかったのですが、今年は20年に一度の式年遷宮らしく
例年よりも多い人出だったようです。


f:id:background-color:20130623215734j:plain f:id:background-color:20130623215735j:plain

でも、念願のちまきも食べられたし! 満足。
※中部生まれの私にとって この季節は柏餅より身近な存在だったのに、関東ではほぼ見ないので かなり寂しかった。


f:id:background-color:20130623215736j:plain f:id:background-color:20130623215737j:plain


この日は 一番短い駅名「つ」まで戻り宿泊。

夜はロッソアンティーコという。
イタリアンレストラン。…というか 高級ファミレスなのかな。
「気軽に美味しくイタリアン」という触れ込みどおり
数種類から メインを選べる お手軽コースみたいな感じで
とても美味しかったです。石釜のピザとか。



■2日目は ほぼ車移動に費やし、和歌山まで移動。

f:id:background-color:20130623215738j:plainf:id:background-color:20130623215739j:plain

途中の寄り道といして、まずは 風力発電の風車が見られる 絶景スポットの 青山高原へ。
iPhoneのカメラでは限度がありますが 沢山の風車が 山の上で動いている様子は
かなり迫力がありました。

f:id:background-color:20130623215740j:plainf:id:background-color:20130623215741j:plainf:id:background-color:20130623215742j:plain

熊野古道にも ちらりと寄りつつ。
和歌山に入ったあたりで 突発的な雷雨に遭遇。
雨の勢いで前が見えなくなるぐらいすさまじく…

f:id:background-color:20130623215743j:plain f:id:background-color:20130623215744j:plain

隙を見て 橋杭岩には寄れたのですが

他に予定していた 本州最南端等は
時間の関係で断念。
また何かの際には 訪れたいところです。


そんなこんなで なんとか 和歌山白浜の 宿泊地へ。

夜に食べた 刺身や、さんま寿司が大変大変美味でした。
ます寿司の さんま版という感じで さっぱりした押し寿司。



■3日目は いよいよアドベンチャーワールド
早めに到着したので パンダ見放題。興奮。
可愛ええ。かわええ。優浜​寝っぱなし。かわええ。

f:id:background-color:20130623215745j:plainf:id:background-color:20130623215747j:plainf:id:background-color:20130623215746j:plain

f:id:background-color:20130623215749j:plainf:id:background-color:20130623215751j:plainf:id:background-color:20130623215750j:plain

f:id:background-color:20130623215748j:plain

そんなに前情報を入れていなかったのですが
普通の動物園より 動物に近い感じで見られるのが特徴的ですね。

サファリパークっぽいところもあり
大変楽しんで見られました。

f:id:background-color:20130623215752j:plain

そんなこんなで、急ぎ足で紀伊半島堪能終了。

帰路へと着いたのでした。

三日間運転しっぱなしだった 夫の人に感謝しつつ。
お疲れ様でした!また来るよ。