LEKU ONA

野鳥と女の子絵をぽつぽつ

再び北海道に行ってきた その3 (知床)

f:id:background-color:20150515201504j:plain

その1その2はこちら

4日目

4日目は オホーツク自然堂さんのツアー
網走湖畔の森→知床五湖→知床の原生林と案内してもらうことに
送迎もお願いしてしまい、ちょっと贅沢ツアーです。www.jinendo.net
f:id:background-color:20150515201824p:plain
今回はあまり移動しない




早朝の網走湖畔の森では、沢山の鳥の鳴き声が。
f:id:background-color:20150515202932j:plain f:id:background-color:20150515202937j:plain

スズメが沢山居るなあと思ったら ほぼニュウナイスズメだそう。
アカゲラ、ベニマシコと なかなか会えない鳥達に会えてご満悦。



知床五湖はまだ雪が積もっており、二湖のみ回るショートコースだったのですが

f:id:background-color:20150515201952p:plain

知床五湖に入る前の講習ビデオがちょっと怖かった…。
でもヒグマに出会ったら大変なことだし、ヒグマだって人に遭遇したくないだろうし
お互いにとって、こういった講習は必要なことですけどね。
お子様も頑張れ。


まあそれは置いておいて。
GWの一番混む時期をずらして行ったので 人も少なく
この壮大な景色を満喫できて素晴らしかったです。
f:id:background-color:20150515202236j:plain
f:id:background-color:20150515204149j:plain
f:id:background-color:20150515204156j:plain
圧倒される広さ

ウグイスやアオジの声を聞きつつ
ミズバショウや ヤチネズミ(かわいい)、エゾアカガエル(鳴き声が海鳥みたい)を眺めながら散策。


お昼を食べてから
f:id:background-color:20150515205111j:plain f:id:background-color:20150515205119j:plain
イクラ丼


人の手のはいっていない原生林へ。
普通の森林と違い しん。としています。

原生林は、ほぼ松になってしまうそうです。
大きな松ばかりになると、地面に光が届かなくて花が育たない。
花が育たないと、虫が来ない。虫が来ないと鳥も来ない。
・・・という連鎖だとか。


自然が大切だからといって 放置するだけでは駄目なのだなあ
多分、人も自然の一部で 人が関わることで完成する自然もあるのだなあ。
なんてことを思いました。*1

f:id:background-color:20150515202006p:plain
思うよね



原生林を抜けると 眼下に広がる崖。
f:id:background-color:20150515205942j:plain

ここでエゾシカにも会いました。
f:id:background-color:20150515210041j:plain
近い


f:id:background-color:20150515210118p:plain

実は今回の旅行で エゾシカには ゆうに30頭を超える数に遭遇。
ふ、増えすぎ…。

増えすぎて被害も出ているので、駆除対策も出ているとか。
難しいですね。



原生林では 再びシマエナガと、ノビタキという可愛い鳥達にも会えたのですが

カメラの…充電が…切れてました…。
悲しみ。



悲しみつつも 沢山の動物達に会え、雄大な自然をたっぷり堪能し
最終日、4日目が終了。
女満別空港から 羽田空港へ「現実に戻りたくない!!」と言いながら帰ったのでした。




ほんっとうに楽しい北海道旅行でした。
そして 色々リベンジもあるし、今度はナキウサギにも会いたいし
近いうちに再び訪れる事になるのでしょう。


おまけ

女満別空港ゆるきゃら結月ゆかり) 顔出し看板、夏バージョンになっていた
f:id:background-color:20150205215724j:plain f:id:background-color:20150515211253j:plain



4日目に出会った鳥達まとめ

網走湖畔の森
ニュウナイスズメ、コアカゲラオオアカゲラ、ベニマシコ、ゴジュウカラ、トビ
知床五湖、原生林
ウグイス、アオジアカゲラノビタキ、シマエナガ

back.hatenablog.com
back.hatenablog.com

*1:もちろん古い木が倒れて そこに日が当たるようになって、倒れた木が朽ち果てて養分になって、新しい芽が育つという流れはあるそうなのだけど。